• メインイメージメインイメージSP

ご挨拶

外岡潤法律事務所おかげさまのホームページにお越しいただき、
ありがとうございます。
介護弁護士の外岡潤(そとおかじゅん)と申します。

私は、介護・福祉、および関連する医療業界におけるトラブル解決の専門家として活動する、「介護弁護士」です。

当サイトは主に、ご利用者やそのご家族との関係、或いは現場で働く職員等との人間関係で悩む介護施設・事業所の方向けに作成されました。

本サイトが少しでも、皆様の問題解決のお役に立てば幸いです。
詳しくはコチラ 》

日本でもまだ珍しい、介護・福祉に特化した法律事務所

介護・福祉に特化した法律事務所外科、内科とはっきり分かれている医者とは違い、弁護士の世界ではまだ明確に専門性を謳う事務所は少ないようです。ですが、弁護士にも当然、得意・不得意な分野があります。

当事務所の特徴は、介護・福祉の分野に「事務所として」特化している、という点です。
当事務所では、一つに絞った介護・福祉の専門性を日々磨くために、介護・福祉とは無関係な以下の事件は敢えて受け付けておりません。

  • 借金の整理、自己破産
  • 交通事故
  • 離婚・養育の問題
  • 労働者側の残業代請求
  • 刑事事件の私選弁護

※ ただし、いずれも過去に扱った経験はありますので、介護関連の方からご依頼があった場合は、ご相談に応じ、適切な弁護士を紹介する等の対応が可能です。
詳しくはコチラ 》

「餅は餅屋」という言葉がありますが、介護・福祉の領域は専門性が非常に高く、その制度や知識に精通した弁護士に依頼することが最善といえるでしょう。その具体的メリットを解説します。

①専門用語や複雑な制度を一から説明する必要が無い

専門用語や複雑な制度を一から説明する必要が無いご相談者の感想として、よく、「ケアマネージャーとは何かというレベルから説明しなければならず大変だった。」という話を耳にします。
介護保険制度、障害福祉制度は、改正に次ぐ改正の結果極めて複雑で分かりづらいものとなっており、非常に専門性の高い分野といえます。
詳しくはコチラ 》

②解決策を導くスピードが圧倒的に速い

解決策を導くスピードが圧倒的に速い介護・福祉の分野における法的問題は、非常に専門性が高くバリエーションが豊富な一方で、滅多に起こるものではないため過去の事件解決の蓄積と経験がものを言います。
例えばご利用者の転倒事故一つ取っても、何件も同種事件を扱ったことがあれば、そのご利用者の歩行レベル、既往症、認知症か否か、どのように転倒したかといった様々な要素から、瞬時に最も近い裁判例を見つけ出し、法的責任の有無を見極めることができます。
詳しくはコチラ 》

③介護福祉業界独自の解決法を掴んでいる

介護福祉業界独自の解決法を掴んでいる前のポイントと重なりますが、例えば現場で転倒事故が起きたとして、「強気」の姿勢から「自分で転んだのだから、施設に責任は無い。」と判断し、機械的にそのご家族に内容証明郵便で「当方に落ち度はありません。不服があれば裁判でも何でもしてください。」といった、木で鼻を括るような冷酷な文章を送り付けることがあります。
詳しくはコチラ 》

当事務所は介護・福祉の法律事務所として上記3つのメリットを十分にご提供できると自負しておりますが、次の点が当事務所の具体的な特長です。

①介護・福祉に特化した事務所として、9000件以上の実績

介護・福祉に特化した事務所として、9000件以上の実績2009年に開業して以来、ほぼ毎日介護・福祉の現場からご相談を受け、その数は増加しています。現在、ご利用者側および施設・事業所側の双方から一日に3、4件のご相談が寄せられますが、全体を平均すると少なくとものべ9000件はご相談を受けたことになります。
詳しくはコチラ 》

②ホームヘルパー2級を取得した、現場を知る弁護士が対応

現場を知る弁護士が対応介護・福祉の領域において、現場ほど重要なものはありません。
現場に足を運ぶことで、記録には表れない真実や意外な発見を得ることができます。
そうすることで、事件の真の原因を見つけ、再発防止策を一緒に考え、適切な対応ができるのです。
何より、現場で働く職員の方の働く様子を見、コミュニケーションをとることで、その気持ちを理解することができます。
詳しくはコチラ 》

③裁判にならないよう、話し合いで収める

話し合いで収めるご挨拶でも書きましたが、当事務所のトラブル解決の指針は、「裁判で勝つこと」を目標とするのではなく、「話し合いでお互いが納得し収めること」を第一としています。
裁判を望む人などいないとは思いますが、もしご利用者ご家族に訴えられてしまうとこれだけの損失を被ることになります。
詳しくはコチラ 》

 

お問い合わせはこちら

 

当事務所によせられたお客様の声をご紹介します。

やっぱりね、弁護士である以前に、先生は「人間・外岡潤」なんですよ。

株式会社アリスの夢顧問契約をお願いしたときは、何か個別の問題があってお願いしますという訳ではなくて、「こういう先生だったら何でも相談できるかな」と思ったんです。
私の持ってる弁護士のイメージはあまり良くない。理屈をこねまわしてふんぞり返っているイメージが強かったんです。そもそも弁護士と接点のある人ってあまりいないでしょう。
だから「問題があるからお願いします」ではなくて、「普段からお付き合いをお願いします」というのが最初の条件だったんです。
続きはコチラ 》

視点がお客様(ご利用者)中心だったので、「うちの法人の弁護士なのに、どっちの弁護士なんだ。」と、心配でした(笑)

湖山・医療福祉グループ江東区に母子支援施設がありまして、最初はボランティアで子供たちのためにショーをやってもらったんです。弁護士先生と知りませんでしたが、見てると、やってる芸が下手くそなんですよ。最初わざとなんだろうと思っていたら、本人は真剣なんです。
「法人が悪で、ご老人が全て正しい」というのは必ずしもそうではなくて、「施設側が可哀そうだ、施設の側も守らなくちゃいけないな。」と。良き施設は守ってあげないと、バランスを取ろうとなさっていますよね。
続きはコチラ 》

顧問契約することによって、安心感が得られるというのは、お金には代えられないというんですかね。

社会福祉法人サンフレンズ実際に今までご家族とのトラブルとか、サービスする上での問題等で、弁護士に相談してきたことはありました。ただ相談していく中で、本当にうちの介護施設ならではの事情ですとかはご存知なかったので、一から説明しなければならないということはありました。
そういうベースの部分で介護業界のことを知っていらっしゃる、対等にお話しができるということは助かります。介護施設にも色んな形態があるので、相談する側の安心感とか、ストレスが全然違うと思いますね。
続きはコチラ 》

約束1:ご相談者様の立場で考え、アドバイスします

ご相談者様の立場で考え、アドバイスしますトラブル解決を弁護士に依頼すべきか、ご自身で対応した方が得策かを含め、ご相談者様にとって何が最善かを一緒に考えます。その際、なるべく相手方(ご利用者・ご家族等)の心情を傷つけず、対話により信頼関係を修復することを重視しています。
詳しくはコチラ 》

約束2:特殊案件に精通した法律のプロが具体的方法をアドバイス

特殊案件に精通した法律のプロが具体的方法をアドバイス介護・福祉・医療の世界に10年携わり、9000件以上の相談案件をベースとした知識と経験を兼ね備えた、法律のプロフェッショナルがあなたの相談に親身になって対応致します。
当事務所のモットーは、「ご相談者が次に取るべき手段を、具体的に示す」ということです。
詳しくはコチラ 》

約束3:専門用語は使いません

専門用語は使いません法律の知識が全く無い方でも安心して相談していただけるよう、極力専門用語を使わず丁寧にご説明します。介護・福祉・医療の現場の方から日々ご相談を受けていますので、何が分からず、どこで躊躇してしまうかは熟知しております。
詳しくはコチラ 》

約束4:費用・報酬については事前にお見積りをお出しします

費用・報酬については事前にお見積りをお出しします弁護士であれば当たり前のルールなのですが、弁護士費用が発生する案件については、必ず事前に都度お見積りを出させて頂きます。意外にも、「案件着手後に予想外に高額な請求を受けた」といった話を度々耳にします。
詳しくはコチラ 》

約束5:迅速に対応致します

迅速イメージ顧問契約を頂いた顧問先様からは、連日メールやお電話でのご相談が寄せられますが、すぐに対応することを心がけています。
詳しくはコチラ 》

こんなことでお困りではないですか・・・?

  • ご利用者が現場で転倒、骨折してしまった。
  • 認知症のご利用者から、「お金をヘルパーが盗んだ」との訴え。
  • 労務問題(パワハラ・セクハラ、うつ病による休職、不良社員)

お困りではないですか・・・? 上記のようなトラブル発生時には、まずは早めにご相談ください!

やみくもに解決しようとすると、
以下のような事態に発展する可能性があります。

困ったイメージ

  • 事故にもかかわらず、管轄行政に対し虐待通報される
  • 職員のストレスがたまり、優秀な人材が去ってしまう
  • 指定を取り消され、施設としての営業を停止されてしまう …

当事務所でお手伝いできること

1. 交渉の代行業務

交渉の代行業務とは?
施設側の代理人として、施設とご利用者の間に立って円滑なコミュニケーションを図り、平穏な話し合いで裁判に持ち込まれる前に事態を収拾・解決します。
詳しくはコチラ

2. 訴訟対応

訴訟対応とは?
すでに相手側に訴えられてしまった場合、訴訟代理人として御社のかわりに対応します。
詳しくはコチラ

初回面談をお申し込みください!
まずは、初回面談をお申し込みください!
お客様にとって、最もよい対応策を見極めご提案させていただきます。
面談申し込みはこちら
1、お問い合わせ・相談予約
お問い合わせ・相談予約 まずは、ご相談内容をお知らせください。
お気軽にお電話にてご連絡頂ければと思います。
メールの場合には、原則24時間以内に返信いたします。
電話番号:03-5358-9855  メールでのお問い合わせはコチラ

2、実際にお会いして面談
現在の状況やトラブル内容を詳しくお聞かせください。
お客様にとって、最もよい対応策を見極め、ご提案させていただきます。

3、お見積り(無料)
ご相談後、アドバイスだけでは足りず事件としてお引き受けする必要があれば、本件につきお見積りを作成させていただきます。

4、ご契約
事件としてお引き受けする場合・・・
事件を進める上での方針と、お見積の内容に全てご納得頂いてから、委任契約を締結させて頂きます。
顧問契約の場合・・・
顧問契約書をお送りし、署名押印頂いた後、所定の時期から顧問として対応して参ります。

ご依頼の流れの詳細はこちら顧問契約についてはこちら

代表プロフィール

外岡潤外岡潤(そとおかじゅん)
弁護士(第二東京弁護士会所属)、ホームヘルパー2級。
「法律事務所おかげさま」代表。

介護・福祉の業界におけるトラブル解決の専門家。
解決法が確立されていない高齢者の転倒などの事故を、豊富な判例の知識と実務経験を駆使し代理交渉、アドバイスにより平和的に解決する。
介護・福祉の世界をこよなく愛し、現場の調和の空気を護ることを使命とする。

主な著書・論文

  • 2018年5月「介護を巡る紛争の特徴と対応策」(「法の支配」一般財団法人 日本法律家協会)
  • 2018年3月「利用者・家族・スタッフ別にポイント解説!裁判例から学ぶ介護事故対応」(第一法規)
  • 2017年9月「知らなかったはもう許されない個人情報保護法○と×」(メディカ出版)
  • 2017年3月「どうなる!?どうする!?社会福祉法人の運営とリスク管理」(中央経済社)
  • 2016年2月「新社会人に贈る護身術としての法律講座 社会の荒波を乗り切る5つの奥義」 (ベストセレクト)
  • 2015年8月「介護職員のためのリスクマネジメント養成講座」(レクシスネクシス・ジャパン)
  • 2015年5月「介護職のための法律基礎講座」(メディカ出版)
  • 2015年1月「介護トラブル相談必携」(民事法研究会)
  • 2014年1月「トラブル対処法~外岡流3つの掟」(メディカ出版)

外岡潤 著書

詳細プロフィールはコチラ 》

  相談予約  

面談予約はこちら

介護事業者のための無料冊子プレゼント

顧問契約のご案内

外岡さんに聞いてみよう

公式HP

執筆、講演等情報

  1. 平成30年8月3日 東京都社協 東京都高齢者福祉施設協議会 職員研修委員会 看護職員研修委員会

  2. 平成30年7月24日 松戸市通所介護事業所連絡協議会

  3. 平成30年7月17日 酒々井町地域包括支援センターセミナー

  4. 平成30年7月12日 積水ハウス株式会社岐阜支店 医療・介護経営戦略セミナー

  5. 平成30年6月29日 甲府市介護サービス事業者連絡協議会 記念講演

一覧