コンプライアンス強化支援

BCP策定

BCPとはBusiness Continuity Plan、「業務継続計画」のことを意味しますが、「突然つくれと言われても一体何をすればよいのか…」と戸惑う事業所も多いことと思います。

コンプライアンスの観点からは、法令で決められた以上従っていく必要があります。また、想定外の事態への対処はつい後回しになりがちですので、普段の避難訓練等とは別角度からリスク対策を構築する良い機会にもなるでしょう。

事業形態別に実効的なBCPを策定するためのポイント等を解説します。

身体拘束適正化のポイント

ご利用者の身体拘束は大変深刻かつ難しい問題です。「身体拘束0」と理想を掲げることは容易ですが、現場では決して拘束したくてしている訳ではなく、「ご利用者の安全のためにせざるを得ない」という切羽詰まった事情があるためです。つまり、身体拘束とリスクマネジメントは表裏一体の関係にあるといえます。

身体拘束について事業所が知っておくべき最低限の知識、現場対応の考え方とポイント、現場当事務所がご提供できるメリット等について解説します。

虐待防止

高齢者虐待は現場において起きてはならないことですが、現実には施設、在宅共にその報告件数が増加し、深刻な事件も度々報道されています。主に施設や事業所の職員が起こす虐待問題の傾向と対策、当事務所にてご提供できるサービス等をご紹介します。

 

ご相談予約はこちら事が大きくなる前にお気軽にお電話でご連絡ください

電話でのご予約

0120-743-504

受付時間:平日 10:00~18:00

メールでのご予約

ご相談予約フォーム

24時間受付

ご相談予約はこちら

電話でのご予約

0120-743-504

受付時間:平日 10:00~18:00

メールでのご予約

ご相談予約フォーム

24時間受付